メインとサブのクレジットカード

機能で切り分けよう

月別: 2017年5月

クレジットカードは利便性ありの代物です

年会費や月会費無料のクレジットカードも多く、貯まったポイントを家族カードとして共有できる点は便利です。公共料金や国民年金やガソリン代の支払い等にも引き落としができるので便利だし、クレジットカード払いで行ったぶん、コンビニ等で使えるポイントとして還元されたり、お得な割引サービスがあったりするので嬉しいです。 海外に旅行に行く時や留学する時は買い物をする際に、慣れない異国で現金を多く持ち歩かなくても良いし、クレジットカードに海外旅行保険やショッピング保険がついているものを持っていれば安心できるし、万が一盗難にあったり落としてしまっても、電話1本で即座に利用停止できるので安心です。年齢や職業問わずに誰でも所持できるカードが多いのも良いし、複数のクレジットカードを所持して使い分けると便利です。

クレジットカードについて

皆さんは、社会人になっていれば様々なカードを持っている?でしょう。その中にクレジットカードを持っていらっしゃる方も多いと思います。社会人のステータスとして最低限デビットカード、ポイントカード、チャージ式のカードなどを持っていることがある意味常識となっていると考えても差しさわりないでしょう。ですが、僕はクレジットカードをあえて持つことを拒否しました。なぜかと言いますとクレジットカードイコール借金と、ものすごくドライな考えを持っているからです。これで自己破産などをしてしまったらシャレになりません。気楽な気持ちで使いすぎ、借金しまくりという事態は避けたいのです。だからこそ借金を嫌い、大学生の時の常につけを作らない事をしています。皆さんもクレジットカードは借金だという事は忘れないでください。

イオン

イオンモールなどのショピングセンターに行くとよくクレジットカードの入会キャンペーンを行なっているところを目にします。その場で発行すると結構豪華な賞品がもらえることもあり非常にお得だと思います。クレジットカードの申し込みはインターネットが主流です。インターネットだとさすがに入会特典などはもらえません。もしクレジットカードを作りたいと思うならその場で入会できる場所で発行するというのも一つの手だと思います。イオン系のクレジットカードですとWAONポイントも貯まるので大変お得です。イオン系列のお店によく行くならばぜひイオン系のクレジットカードを作ることをお勧めします。クレジットカードでWAONとしても使用できるものもあるのでコンビニでもスーパーでもどこでもポイントを貯めることができます。

クレジットカードのポイント交換

クレジットカードは使用すればするだけポイントが還元されます。そのポイントの使い道には様々なものがあります。まずは商品交換です。商品は様々な種類がありポイント数に応じて商品と交換できるというサービスです。しかし商品交換に必要なポイントは結構なものでポイント数の少ないものになると正直あまりいい商品はありません。そこでおすすめなのが電子マネーなどのポイントに移行するというものです。電子マネーのポイント交換ということはイコール現金として使用できるということです。ポイントの還元率も素晴らしく1ポイントが4倍や5倍になって返ってきますので、大変お得なサービスだと思います。少し現金が足りなくなって困っている時などにこう行ったポイントがあると非常に助かるものです。

楽天カードを作りました

楽天カードは、インターネットの申込サイトから住所・氏名・勤務先などの必要事項を流れに沿って記入すれば、手軽に簡単に申し込みが出来ます。簡単すぎて、しかもインターネットでの顔の見えない手続きなので少し不安になりましたが、今はそんなものなのですよね。実際、特になにも問題はありません。ひとつ注意するべきなのが、郵送されてくるカード受け取りの際に本人確認が取れないとカードを受け取ることが出来ないので、必ず身分証の用意が必要です。郵便局員さんに身分証を渡し、確認の上印鑑を押せば受け取り完了です。ここできちんとしたやりとりをしてカードを受け取るので、不安も少し解消されたように思います。そして、私の場合は新規でカードを作るとポイントが8000ポイントもらえるキャンペーンの時にカードを作ったので、お得にポイントを稼ぐことが出来ました。なので、楽天カードを作る時には、どんなキャンペーンでどれだけのポイントがもらえるかのタイミングを見計らって申し込みをするのがいいと思います。それによってお得度がだいぶ変わってくるので、キャンペーンのポイントの低い時に申し込みをしてはもったいないです。必ずチェックが必要だと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén